ひとりでマスター

ひとりでマスター download 心臓ペースメーカ植込み術 download ひとりでマスター 心臓ペースメーカ植込み術 Kindle徐脈性不整脈治療に用いられるペースメーカの植込み数は年々増加の一途を辿っている。徐脈とは心拍数が全身に十分な血液を供給できなくなることを指しペースメーカの植込みを行う治療が一般的で洞不全症候群や房室ブロックが代表的である。このペースメーカ植込み術は施設基準が緩く循環器内科を標榜している病院ではほとんどの病院で行われている。植込みは不整脈専門医のみが行っているわけではなく普段は冠疾患専門医として治療を行うかたわらペースメーカは年に数件行うという医師も少なくない。循環器医として歩み始めたばかりの医師にとってペースメーカの植込み手技を正しく教わる環境にあるかは非常に重要であるがもし十分な指導医がいない環境でペースメーカ植込みを行うとしても手技の流れ注意点コツを知っていれば自信をもって手術に臨むことができる。また指導医にとって少ない経験で新人医師に指導するのもストレスである。そんな時にもポイントを押さえて指導できる解説本があれば役立つはずである。 本書を読めば独学で植込み術ができるようになるための知識を習得することができる。透視画像ガイドワイヤー穿刺画像の比較で手技がわかるDVD付き。 第1章DDDペースメーカの新規植込みI 手術の準備と手術器具II 皮下ポケットの作成III 鎖骨下静脈の穿刺IV 心室リードの留置V 心房リードの留置VI リードのたわみVII リードの固定と本体の収納VIII 閉創IX 術後のケア第2章ペースメーカ交換I 交換術の注意点II リードチェックのコツIII 交換の実際IV リードを追加するときの注意点第3章こんなときどうする?トラブルシューティングI 心室にタイン型リードを使用するときはどうしたらよいですか?II 心房にスクリューインリードを使用するときはどうしたらよいですか?III 不要なリードの処理の仕方を教えてくださいIV ワルファリン内服中の患者はどのように対応すればよいですか?V 血腫ができたときはどのように対応すればよいですか?VI PLSVCが判明したときはどのように対応すればよいですか?VII 右側からの植込みが必要な場合の方法を教えてくださいVIII 右室リードが固定できないときはどうすればよいですか?IX 創部が発赤したときはどうすればよいですか?X 悩ましい交換例の注意点を教えてくださいXI 本体からリードが抜けないときはどうしたらよいですか?第4章ペースメーカの基礎知識I ペーシングモードII 電磁波障害III 死後のペースメーカの取り扱い詳細な目次は下方の「目次を見る」をクリックしてご覧ください.

ひとりでマスター

➸ [Read] ➳ ひとりでマスター 心臓ペースメーカ植込み術 By 岡村 英夫 ➽ – Aqqa.pro 徐脈性不整脈治療に用いられるペースメーカの植込み数は年々増加の一途を辿っている。徐脈とは心拍数が全身に十分な血液を供給できなくなるこ徐脈性不整脈治療に用いられるペースメーカの植込み数は年々増加の一途を辿っている。徐脈とは心拍数が全身に十分な血液を供給できなくなることを指しペースメーカの植込みを行う治療が一般的で洞不全症候群や房室ブロックが代表的である。このペースメーカ植込み術は施設基準が緩く循環器内科を標榜している病院ではほとんどの病院で行われている。植込みは不整脈専門医のみが行っているわけではなく普段は冠疾患専門医として治療を行うかたわらペースメーカは年に数件行うという医師も少なくない。循環器医として歩み始めたばかりの医師にとってペースメーカの植込み手技を正しく教わる環境にあるかは非常に重要であるがもし十分な指導医がいない環境でペースメーカ植込みを行うとしても手技の流れ注意点コツを知っていれば自信をもって手術に臨むことができる。また指導医にとって少ない経験で新人医師に指導するのもストレスである。そんな時にもポイントを押さえて指導できる解説本があれば役立つはずである。 本書を読めば独学で植込み術ができるようになるための知識を習得することができる。透視画像ガイドワイヤー穿刺画像の比較で手技がわかるDVD付き。 第1章DDDペースメーカの新規植込みI 手術の準備と手術器具II 皮下ポケットの作成III 鎖骨下静脈の穿刺IV 心室リードの留置V 心房リードの留置VI リードのたわみVII リードの固定と本体の収納VIII 閉創IX 術後のケア第2章ペースメーカ交換I 交換術の注意点II リードチェックのコツIII 交換の実際IV リードを追加するときの注意点第3章こんなときどうする?トラブルシューティングI 心室にタイン型リードを使用するときはどうしたらよいですか?II 心房にスクリューインリードを使用するときはどうしたらよいですか?III 不要なリードの処理の仕方を教えてくださいIV ワルファリン内服中の患者はどのように対応すればよいですか?V 血腫ができたときはどのように対応すればよいですか?VI PLSVCが判明したときはどのように対応すればよいですか?VII 右側からの植込みが必要な場合の方法を教えてくださいVIII 右室リードが固定できないときはどうすればよいですか?IX 創部が発赤したときはどうすればよいですか?X 悩ましい交換例の注意点を教えてくださいXI 本体からリードが抜けないときはどうしたらよいですか?第4章ペースメーカの基礎知識I ペーシングモードII 電磁波障害III 死後のペースメーカの取り扱い詳細な目次は下方の「目次を見る」をクリックしてご覧ください.

徐脈性不整脈治療に用いられるペースメーカの植込み数は年々増加の一途を辿っている。徐脈とは心拍数が全身に十分な血液を供給できなくなることを指しペースメーカの植込みを行う治療が一般的で洞不全症候群や房室ブロックが代表的である。このペースメーカ植込み術は施設基準が緩く循環器内科を標榜している病院ではほとんどの病院で行われている。植込みは不整脈専門医のみが行っているわけではなく普段は冠疾患専門医として治療を行うかたわらペースメーカは年に数件行うという医師も少なくない。循環器医として歩み始めたばかりの医師にとってペースメーカの植込み手技を正しく教わる環境にあるかは非常に重要であるがもし十分な指導医がいない環境でペースメーカ植込みを行うとしても手技の流れ注意点コツを知っていれば自信をもって手術に臨むことができる。また指導医にとって少ない経験で新人医師に指導するのもストレスである。そんな時にもポイントを押さえて指導できる解説本があれば役立つはずである。 本書を読めば独学で植込み術ができるようになるための知識を習得することができる。透視画像ガイドワイヤー穿刺画像の比較で手技がわかるDVD付き。 第1章DDDペースメーカの新規植込みI 手術の準備と手術器具II 皮下ポケットの作成III 鎖骨下静脈の穿刺IV 心室リードの留置V 心房リードの留置VI リードのたわみVII リードの固定と本体の収納VIII 閉創IX 術後のケア第2章ペースメーカ交換I 交換術の注意点II リードチェックのコツIII 交換の実際IV リードを追加するときの注意点第3章こんなときどうする?トラブルシューティングI 心室にタイン型リードを使用するときはどうしたらよいですか?II 心房にスクリューインリードを使用するときはどうしたらよいですか?III 不要なリードの処理の仕方を教えてくださいIV ワルファリン内服中の患者はどのように対応すればよいですか?V 血腫ができたときはどのように対応すればよいですか?VI PLSVCが判明したときはどのように対応すればよいですか?VII 右側からの植込みが必要な場合の方法を教えてくださいVIII 右室リードが固定できないときはどうすればよいですか?IX 創部が発赤したときはどうすればよいですか?X 悩ましい交換例の注意点を教えてくださいXI 本体からリードが抜けないときはどうしたらよいですか?第4章ペースメーカの基礎知識I ペーシングモードII 電磁波障害III 死後のペースメーカの取り扱い詳細な目次は下方の「目次を見る」をクリックしてご覧ください.

0 thoughts on “ひとりでマスター 心臓ペースメーカ植込み術

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *