改訂2版こどもの心臓病と手術

❰Reading❯ ➶ 改訂2版こどもの心臓病と手術 患者説明にそのまま使える不安なパパ・ママにイラストでやさしく解説 Author 立石 実 – Aqqa.pro こどもに「心臓手術が必要」と言われた家族の不安を少しでも和らげ、病気について理解できるように、心臓の働きなど基本的な話、疾患・手術・こどもに「心臓手術が必要」と言われた家族の不安を少しでも和らげ、病気について理解できるように、心臓の働きなど基本的な話、疾患・手術・入院から退院までの流れなどを、かわいいイラストを中心に解説。術後、大人になるまでの注意点も新しく加わった改訂版。 【はじめに】 ●「お子さんの心臓に病気があります」「心臓の手術が必要です」と言われたご両親やご家族の不安は、本当にはかりしれないものだと思います。先天性心疾患を専門にする医師として、少しでもその不安が減らせれば、と思ったのが本書の執筆のきっかけです。先天性心疾患は難しい病名がたくさんあり、医療者でも理解することが難しい病気もたくさんあります。図やイラストをたくさん入れて、なるべく簡単な言葉でわかりやすい解説を心がけました。 ●多忙な心臓血管外科医や小児循環器医の先生方の患者さんへの説明の時にも使えるように、先天性心疾患に関わる医療スタッフの入門書になるように、治療内容などなるべく具体的に書きました。 ●初版を上梓した2011年から約10年たって、今回はじめて改訂いたしました。医学の進歩は早く、いくつかの治療法が以前とは少し変わったのがその理由の1つですが、もう1つは、手術をした先天性心疾患のこどもたちが成長し、大人なった時に自立して社会に出るために大切なことは何か、を伝えたかったからです。改訂版では「8章 手術が終わって大人になるまで」を新たに加筆しました。先天性心疾患のこどもたちが大人になるまで、ご両親はどのように接したほうがよいか、こどもたちは大人になるまでにどんなことを身につけてほしいのか、などを書いています。 ●改訂にあたり、上司である小出昌秋先生に監修していただき、また、たくさんの方にご助言いただいたことを心より感謝いたします。そして、初版の時から私の目指すことを深く理解してくださり、改訂に際しても励まし続けてくださったメディカ出版の鈴木陽子様、可愛くて親しみやすいイラストをたくさん描いてくださった川添むつみ様に厚く御礼申し上げます。 ●先天性心疾患をもって生まれたこどもたちが、病気と向き合いながらも社会の中でいきいきと自分らしく生きていくことに、この本が少しでも貢献できることを心から祈っています。 2020年5月 立石 実 【最後に 先天性心疾患をもって生まれたこどもたちへ】 ●成長すると「どうしてこんな病気をもって生まれたんだろう」と悩むことがあると思います。先天性心疾患はさまざまな病気があり、病状によってはいろいろできないこともあると思います。でも、病気があるから「できないこと」に目を向けるのではなく、何か少しでも「できること」を見つけてみてください。病気があってもなくても、みんな得意なこと、不得意なことがあるのは同じです。得意なことや好きなことを探して、少しチャレンジしてみてください。 ●手術をした時のことは覚えていないかもしれませんが、赤ちゃんの頃に小さな身体で大変な手術を乗り越えたことは本当にすごいことです。胸のキズは、小さい頃に手術をがんばった「しるし」です。 ●病気とともに生きることは、時につらいこともあると思います。だけど、誰よりも小さい頃にがんばって、そして誰よりも病気をもって生きることのつらさも知っています。だから誰よりも、人の痛みやつらさがわかる優しい人になれると思います。そしてそれは、きっと誰かを幸せにしてくれる優しさです。胸のキズは「優しさのしるし」でもあると思います。 ●自分の病気のことを知っておくことは、自分が「できること」を探すために大切です。そして自分の病気について、できること、できないことをまわりの人に伝えることは、自分のためでもありますが、まわりの人の「どうしたらいいのかわからない」という不安をなくしてあげることにつながり、その先には一人でも多くの人が先天性心疾患について理解してくれることにつながります。 ●私たち医療者は、先天性心疾患をもって生まれた人が、病気と向き合いながらも、社会の中でいきいきと自分らしく生きてほしいと願っています。小さい頃に大きな手術を乗り越えた強さ、そして誰よりも人の痛みやつらさがわかる優しさの「しるし」をもったあなたが幸せになることを、心から祈っています。 2020年5月 立石 実.

こどもに「心臓手術が必要」と言われた家族の不安を少しでも和らげ、病気について理解できるように、心臓の働きなど基本的な話、疾患・手術・入院から退院までの流れなどを、かわいいイラストを中心に解説。術後、大人になるまでの注意点も新しく加わった改訂版。 【はじめに】 ●「お子さんの心臓に病気があります」「心臓の手術が必要です」と言われたご両親やご家族の不安は、本当にはかりしれないものだと思います。先天性心疾患を専門にする医師として、少しでもその不安が減らせれば、と思ったのが本書の執筆のきっかけです。先天性心疾患は難しい病名がたくさんあり、医療者でも理解することが難しい病気もたくさんあります。図やイラストをたくさん入れて、なるべく簡単な言葉でわかりやすい解説を心がけました。 ●多忙な心臓血管外科医や小児循環器医の先生方の患者さんへの説明の時にも使えるように、先天性心疾患に関わる医療スタッフの入門書になるように、治療内容などなるべく具体的に書きました。 ●初版を上梓した2011年から約10年たって、今回はじめて改訂いたしました。医学の進歩は早く、いくつかの治療法が以前とは少し変わったのがその理由の1つですが、もう1つは、手術をした先天性心疾患のこどもたちが成長し、大人なった時に自立して社会に出るために大切なことは何か、を伝えたかったからです。改訂版では「8章 手術が終わって大人になるまで」を新たに加筆しました。先天性心疾患のこどもたちが大人になるまで、ご両親はどのように接したほうがよいか、こどもたちは大人になるまでにどんなことを身につけてほしいのか、などを書いています。 ●改訂にあたり、上司である小出昌秋先生に監修していただき、また、たくさんの方にご助言いただいたことを心より感謝いたします。そして、初版の時から私の目指すことを深く理解してくださり、改訂に際しても励まし続けてくださったメディカ出版の鈴木陽子様、可愛くて親しみやすいイラストをたくさん描いてくださった川添むつみ様に厚く御礼申し上げます。 ●先天性心疾患をもって生まれたこどもたちが、病気と向き合いながらも社会の中でいきいきと自分らしく生きていくことに、この本が少しでも貢献できることを心から祈っています。 2020年5月 立石 実 【最後に 先天性心疾患をもって生まれたこどもたちへ】 ●成長すると「どうしてこんな病気をもって生まれたんだろう」と悩むことがあると思います。先天性心疾患はさまざまな病気があり、病状によってはいろいろできないこともあると思います。でも、病気があるから「できないこと」に目を向けるのではなく、何か少しでも「できること」を見つけてみてください。病気があってもなくても、みんな得意なこと、不得意なことがあるのは同じです。得意なことや好きなことを探して、少しチャレンジしてみてください。 ●手術をした時のことは覚えていないかもしれませんが、赤ちゃんの頃に小さな身体で大変な手術を乗り越えたことは本当にすごいことです。胸のキズは、小さい頃に手術をがんばった「しるし」です。 ●病気とともに生きることは、時につらいこともあると思います。だけど、誰よりも小さい頃にがんばって、そして誰よりも病気をもって生きることのつらさも知っています。だから誰よりも、人の痛みやつらさがわかる優しい人になれると思います。そしてそれは、きっと誰かを幸せにしてくれる優しさです。胸のキズは「優しさのしるし」でもあると思います。 ●自分の病気のことを知っておくことは、自分が「できること」を探すために大切です。そして自分の病気について、できること、できないことをまわりの人に伝えることは、自分のためでもありますが、まわりの人の「どうしたらいいのかわからない」という不安をなくしてあげることにつながり、その先には一人でも多くの人が先天性心疾患について理解してくれることにつながります。 ●私たち医療者は、先天性心疾患をもって生まれた人が、病気と向き合いながらも、社会の中でいきいきと自分らしく生きてほしいと願っています。小さい頃に大きな手術を乗り越えた強さ、そして誰よりも人の痛みやつらさがわかる優しさの「しるし」をもったあなたが幸せになることを、心から祈っています。 2020年5月 立石 実.

改訂2版こどもの心臓病と手術 mobile 患者説明にそのまま使える不安なパパ・ママにイラストでやさしく解説 download 改訂2版こどもの心臓病と手術 患者説明にそのまま使える不安なパパ・ママにイラストでやさしく解説 PDFこどもに「心臓手術が必要」と言われた家族の不安を少しでも和らげ、病気について理解できるように、心臓の働きなど基本的な話、疾患・手術・入院から退院までの流れなどを、かわいいイラストを中心に解説。術後、大人になるまでの注意点も新しく加わった改訂版。 【はじめに】 ●「お子さんの心臓に病気があります」「心臓の手術が必要です」と言われたご両親やご家族の不安は、本当にはかりしれないものだと思います。先天性心疾患を専門にする医師として、少しでもその不安が減らせれば、と思ったのが本書の執筆のきっかけです。先天性心疾患は難しい病名がたくさんあり、医療者でも理解することが難しい病気もたくさんあります。図やイラストをたくさん入れて、なるべく簡単な言葉でわかりやすい解説を心がけました。 ●多忙な心臓血管外科医や小児循環器医の先生方の患者さんへの説明の時にも使えるように、先天性心疾患に関わる医療スタッフの入門書になるように、治療内容などなるべく具体的に書きました。 ●初版を上梓した2011年から約10年たって、今回はじめて改訂いたしました。医学の進歩は早く、いくつかの治療法が以前とは少し変わったのがその理由の1つですが、もう1つは、手術をした先天性心疾患のこどもたちが成長し、大人なった時に自立して社会に出るために大切なことは何か、を伝えたかったからです。改訂版では「8章 手術が終わって大人になるまで」を新たに加筆しました。先天性心疾患のこどもたちが大人になるまで、ご両親はどのように接したほうがよいか、こどもたちは大人になるまでにどんなことを身につけてほしいのか、などを書いています。 ●改訂にあたり、上司である小出昌秋先生に監修していただき、また、たくさんの方にご助言いただいたことを心より感謝いたします。そして、初版の時から私の目指すことを深く理解してくださり、改訂に際しても励まし続けてくださったメディカ出版の鈴木陽子様、可愛くて親しみやすいイラストをたくさん描いてくださった川添むつみ様に厚く御礼申し上げます。 ●先天性心疾患をもって生まれたこどもたちが、病気と向き合いながらも社会の中でいきいきと自分らしく生きていくことに、この本が少しでも貢献できることを心から祈っています。 2020年5月 立石 実 【最後に 先天性心疾患をもって生まれたこどもたちへ】 ●成長すると「どうしてこんな病気をもって生まれたんだろう」と悩むことがあると思います。先天性心疾患はさまざまな病気があり、病状によってはいろいろできないこともあると思います。でも、病気があるから「できないこと」に目を向けるのではなく、何か少しでも「できること」を見つけてみてください。病気があってもなくても、みんな得意なこと、不得意なことがあるのは同じです。得意なことや好きなことを探して、少しチャレンジしてみてください。 ●手術をした時のことは覚えていないかもしれませんが、赤ちゃんの頃に小さな身体で大変な手術を乗り越えたことは本当にすごいことです。胸のキズは、小さい頃に手術をがんばった「しるし」です。 ●病気とともに生きることは、時につらいこともあると思います。だけど、誰よりも小さい頃にがんばって、そして誰よりも病気をもって生きることのつらさも知っています。だから誰よりも、人の痛みやつらさがわかる優しい人になれると思います。そしてそれは、きっと誰かを幸せにしてくれる優しさです。胸のキズは「優しさのしるし」でもあると思います。 ●自分の病気のことを知っておくことは、自分が「できること」を探すために大切です。そして自分の病気について、できること、できないことをまわりの人に伝えることは、自分のためでもありますが、まわりの人の「どうしたらいいのかわからない」という不安をなくしてあげることにつながり、その先には一人でも多くの人が先天性心疾患について理解してくれることにつながります。 ●私たち医療者は、先天性心疾患をもって生まれた人が、病気と向き合いながらも、社会の中でいきいきと自分らしく生きてほしいと願っています。小さい頃に大きな手術を乗り越えた強さ、そして誰よりも人の痛みやつらさがわかる優しさの「しるし」をもったあなたが幸せになることを、心から祈っています。 2020年5月 立石 実.

0 thoughts on “改訂2版こどもの心臓病と手術 患者説明にそのまま使える不安なパパ・ママにイラストでやさしく解説

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *